※HP、復旧しました。→http://nyanderguard.org/


dog_22.jpg

gonnbe.jpg

gonnbe2.jpg




☆保護場所 大熊町路上

☆雄雌   オス
☆健康状態 保護時衰弱(追うと、食欲無し)現在動物病院で集中治療中。
☆その他  青の首輪をしていました。23.6.18

7月7日  退院し、大越シェルターに戻ってきました。
7月31日 里親を視野にいれた預かりさんの元へ。

24.4.9 優しい里親さんのもとで永眠しました。
       病気を承知で引き取って下さった里親さま、有難う御座いました。
       またシェルターでお世話いただいた皆様も有難う御座いました。
   Nyander Guard
虹の橋をわたりました | コメント:(6)
コメント:
No title
ごんべのこと、ぶたまるさんのブログでお読みいただけていますでしょうか。
http://bit.ly/rd2wwC
http://bit.ly/ocS4Wl

この子は、がりがりに痩せているところを、にゃんだーガードに保護されました。餌やりさんが沢山いらっしゃる場所に居たようですが、なかなか保護はされなかたようです。
彼は当時、栄養失調以外にも右口下が化膿しておりました。
保護後、米沢の病院で集中治療をしていただき、その可能が腫瘍によるものと診断され、顎にまで達してもう手の施しようがないことが判明しました。
こうして保護されるまでの3ヶ月半、彼がどんな状況だったのか…。想像もできません。涙

ですが、ご尽力くださった米沢の動物病院で集中治療をしていただき、いまは体力も少し回復し、調子もまずまずな様子です。ほっと一安心。

当初、この話を代表の本多さん(ぶたまるさん)からお聞きした際、ごんべは、どんなに苦しい状況にいるだろう…と思いました。ですが、実際に会った彼は、右口元から腫瘍による膿みがでているものの、とても落ち着いた様子で、優しい目でわたしを見つめてくれていました。

犬や猫は痛みに強い動物とは聞きますが、この状態でもこうしてゆったりとしていられるごんべを見ると、ほんとうに強い子なのだな。。。と思います。

病院ではお薬もいただいているようですし、環境も今まで放浪していた時よりは随分良い状況だと思います。
ボランティアのみなさんに優しくしていただけているのが、彼にとっては一番の大きなチカラなのではないかと思います。

もし福島シェルターに行かれる方がいましたら、ごんべの横に座って話しかけてあげていただけますか。寂しがりやのごんべですので、表情にださなくとも、心の中では大変喜んでくれていると思います。

にゃんだーガードでは、ごんべの残された時間を共に過ごしてくださる方を募集しています。どうぞよろしくお願いいたします。
No title
ゴンベにお問い合わせがあるかも…と聞いてます。
赤い糸は必ずつながっていると思います。ゴンベにふさわしい場所が必ず見つかります!優しいゴンベ…辛くひもじい思いをしてきたけど、今は安心だね…皆に可愛がってもらって楽しくお散歩してね☆


今回の出会いがゴンベにとって素晴らしい出会いで
あってほしいです。
No title
ごんべ〜
今度こそ幸せに!安心して暮らすんだよ。
No title
ごんべの話しかけるようなじっと見つめる大きな目が忘れられません。
つい引き込まれてしまうんですよね・・・。

我慢強いごんべ、これからはいっぱい愛情を貰って幸せにね!
No title
ごんべ...。甘えん坊のかわいいごんべ。
手の甲をおでこに近づけるとネコさんのようにスリスリってしてくれた。。
ごんべを見つけてくれたやさしい里親さんのもとで、穏やかな毎日を送っておくれ。。
でも、シェルターでゴンベに会えないのはちょっと寂しい(笑)。
No title
ブログで昨日ごんべ君がお星さまになったと知りました。

原発により家族を奪われ、病魔と闘ってきた「ごんべ」。
隊長をはじめにゃんだーに関わる多くの方の愛情により、再度生きる希望をもった「ごんべ」。
全てを承知で迎えて下さった里親様と出会えた「ごんべ」。
最期は、優しい本当の家族の愛に包まれて過ごせたことだけが救いです。
本当にありがとうございました、ごんべに最後まで愛を注いでくださった里親様。

ごんべ よく頑張ったね
ゆっくり休んでね
まだまだ圏内で苦しんでいるごんべの仲間たちがいるから守ってあげてね


管理者のみに表示