※HP、復旧しました。→http://nyanderguard.org/


cat286-2.jpg

cat286-3.jpg


cat286-5.jpg

cat286-6.jpg

cat286-7.jpg

cat286-8.jpg

cat286-9.jpg

cat286-10.jpg

cat286-11.jpg

cat286-12.jpg

cat286-13.jpg


雌雄 : オス
毛色 : 黒
年齢 : 1歳前後
保護日 : 25.3.9
保護場所 : 大熊町

エイズ(-)白血病(-)25.3.9
ワクチン3種済み 25.3.9
去勢手術済 25.3.9

H26.10.12 保護主かつ個人ボランティアのかたへ委譲しました。

   Nyander Guard
団体•個人への委譲 | コメント:(6)
コメント:
保護させてくれてありがとう!
日々、活動が困難になっている大熊で保護した「翔くん」。
大熊は、給餌だけでも大変なので、捕獲器を掛けるなんて至難の業でした。

今回は、特餌隊員のみんなで協力し合って何とか捕獲器をかけてみたところ「翔くん」が見事に入ってくれました!

まだ1歳前後だと思います。
兄弟やお母さんもいるはずなのでも今後も保護できるように頑張ります。

「翔くん」は、無人の町で生まれ今回初めて人間と接触したので、まだ戸惑っています。
これから徐々に人間と環境に慣れてくれればと思っています。

頑張って生きてきた可愛い「翔くん」を温かい気持ちで迎え入れてくださる里親様をお待ちしております。

No title
翔君がいるお部屋に泊まりました。
まだ人に慣れてはいないです。
人を見たことがないんだからおびえるのは仕方ないよね。
今はまだ『シャーっ!』っていうけど、時間をかければこの子はきっと甘えんぼさんになるんじゃないかなと思いました(^^)
キラリ☆と光る甘えたの片鱗
3月下旬、翔クンが居るお部屋で宿泊しました。

私も初対面の時は『シャーッッ!!』されてしまいましたが、それも最初だけ。
一旦顔を覚えると、翔クンの方からこのカワイイ顔を見せてくれます。

同室だった甘えた娘達を撫でていると、翔クンも『僕も~』とでも言っているように鳴いてアピール。
たったの3泊という限られた時間の中では、触れるまでには至りませんでしたが、でもその様子は『怖くて固まっている』というよりは、『どうしようカナ?大丈夫なのカナ?』といったカンジ。

撫でられた~い→でもちょっと無理…(><;)
甘えた~い→でもちょっとまだ…(><;)

という様子は、まるで可愛い駄々をこねる甘えん坊の弟みたい(*^^*)

ケージの中から一生懸命に頭をスリスリしたり、ネコベッドをフミフミしている仕草から、根は甘えん坊!!と確信しました。

今はまだニンゲンの手が安全な物なのかジックリ観察中ですが、かなり興味は示してくれています。

ゆっくりゆっくり距離を縮めて、1度人馴れさえしてしまえば、スリゴロニャンコ間違いなしです!!
鼻を近づけてきて
5月22日、半日だけのボランティアでしたが、最初こっちを向いてくれなかったのに、入室して顔をみるとなき、こっちが顔を近づけると、鼻を近づけてきてくれるようになりました。
そっぽ向いてたのは恥ずかしがり屋なだけだったのかな?!
それはそれはかわいい声の持ち主です。
遠くから
2013年7月、翔がいる1Bは、たいが、ほくと、ヴィーナス、モニカ、シュワといった古株が多い部屋です。翔は部屋自体には慣れたようですが、古株たちの間にはまだまだ入れない様子。

1Bにニンゲンがやってくると、迷わずあまえるたいが、ほくとの後について、翔は控えめに「甘えたいな~・・・」と遠巻きにゴロンゴロンします。
翔をかまっていると、たいがやほくとは、尻尾で人の目をなでて注意をひこうとします。
それでも、翔を撫でてやりませんか。
腰をもんであげましょう
翔がいまいる部屋は、人馴れした子が多くありません。なので、訪れていけば誰に遠慮するでもなく(あ、いやサクがいるか)ヒトに近づいてナデナデ要求します。いや、翔の場合はナデナデというより「ぐりぐり」という感覚に近いです。特に腰のあたりがいいらしく、なでると腰を浮かせて「もっと強めに」要求します。

管理者のみに表示