※HP、復旧しました。→http://nyanderguard.org/

cat304-1.jpg

cat304-2.jpg


cat304-6.jpg

cat304-7.jpg

cat304-9.jpg

cat304-8.jpg

cat304-11.jpg

cat304-12.jpg


雌雄 : メス
毛色 : キジ白
年齢 : 不明(成体)
保護日 : 25.4.13
保護場所 : 富岡町

エイズ(-)白血病(-)25.4.13
ワクチン3種済み 25.4.13
保護前に避妊済み

H26.10.12 保護主かつ個人ボランティアのかたへ委譲しました。


2017(H29)年2月27日未明に永眠いたしました。


   Nyander Guard
団体•個人への委譲 | コメント:(6)
コメント:
やっと保護できました!
「小梅ちゃん」は、今まで何度も給餌ポイントで会っていた子です。

ここのポイントは、「保護依頼はしたけど、給餌していいとは言っていない」と給餌ストップの連絡がきてしまったポイントなので何が何でも保護しなきゃと焦っていました。
(給餌しなきゃ生きていけないのに・・・酷い(涙))

やっとシェルターの保護枠が空いたので保護を試みていましたしが、なかなか保護出来ず心配していた矢先にやっと保護できて本当に安心しました。

「小梅ちゃん」は、そのお家の子ではないみたいです。
ただ保護した時点で避妊手術されていたので飼い猫さんだと思います。

2年以上も無人の町で飼主さんの帰りを待ち続けた健気な「小梅ちゃん」。
まずはシェルターで疲れを癒し健康を取り戻して欲しいです。
そして、飼い主さんの元に、それが叶わないのなら優しい里親様のもとに迎え入れて欲しいです。

「小梅ちゃん」、良く頑張ったね!
捕獲器に入って保護させてくれて「ありがとう!!」
カタマリ中 ^^;
今、1-Bの部屋にいます。
ほとんどの時間、隠れたままです。自分だけのスペースで落ち着いていて、触れなくはないのですが、突然我に返ってシャー!と手を出してきたりします。

ほかの猫とも仲良くなってくれるか、ヒトと遊びやすくなるといいな。
本当は甘えっ子さん
お世話の時は離れたところで警戒していた小梅ちゃんですが,夜は布団の近くに来ていました。手を伸ばすと最初は「シャー!」しましたが,次第にすりんと頭をつけてきて,いつの間にやらごろごろにゃんこに変身していました。

こわかったんだね。ここにいる人たちはみんな優しいよ。一緒の部屋の猫たちも優しいよと話し掛けながら一時を過ごしました。

小梅ちゃんの手足はまるで五本指ソックスの指の部分だけを白くしたみたいになっていてとってもチャーミングです。それにすりすりしている姿を見るとほっこりほっこりして癒されますよ。

ぜひ,シェルターに会いに行ってみてください。
No title
以前は、キャットタワーで篭もっていましたが
今は人の手の温かさを思い出してくれて
スリスリ抱っこもできますよヽ(^o^)丿

ただ、同室のにゃんこ仲間が苦手な様で、
少し距離を置いています。
にゃんこが近寄って行くと、手は出ませんが威嚇をして逃げています(^_^;
いつか良い相棒が見つかると良いな。
No title
床に座って別の猫をなでていたら、ふとお尻があたたかくなり「?」。
振り向いたら、小梅ちゃんが自分のお尻をくっつけてジッとしていました。
遠慮がちなアピールがかわいらしい甘えん坊です^^
ふぎゃっ
小梅、部屋の片隅でガッチガチにかたまっていたのが、近頃は人に近づいて、撫でてほしいな~、ってするようになったようですね。
撫でると、声を出すのも不器用で「ふ、ふぎゃっ」みたいな声をあげます。

この声にハマりそうです。

管理者のみに表示